menu

健康診断でコレステロールが高すぎると言われたらどうする?

コレステロールが高めと言われてしまったら

健康診断や血液検査でコレステロールが高めと言われてしまった場合、どのような対策をすれば良いのでしょうか。

コレステロール値に非常に影響を及ぼすのが食生活の乱れです。

普段からコレステロールの多い食品を食べていると、血中のコレステロールが多い状態が続いてしまいます。

コレステロールの多い食品と聞いて一般的に連想されるのが肉類ですが、実は肉類よりも卵類の方がコレステロールが多く含まれています。

鶏卵を始め、イクラやキャビアもコレステロールが多い食品です。

肉類の中ではレバーを筆頭に内蔵類が、魚介類ではイカや魚の白子などに多いです。

基本的に動物性の食品には必ず含まれていると考えて良いと思います。

逆に植物性の食品にはほとんどコレステロールが含まれていません。

もしコレステロールが高めと診断されてしまったら、動物性の食品を減らして植物性の食品を多く摂るようにしましょう。

食生活を改善してもコレステロール値が改善しない場合、別の要因を疑ってみましょう。

人間はストレスが多くなると、そのストレスに対抗するためにコレステロールを増やし、組織を修復しようとする働きがあります。

精神的なストレスだけでなく、寝不足や肉体疲労、運動不足などの身体的ストレスも減らす必要があります。

ただし、全く何の問題もないのにコレステロール値が高いという人は、遺伝的なものが原因かもしれません。

そのような方は動脈硬化の進行が早く生活習慣病になりやすいので、処方薬での治療が必要な場合もありますので、医師に相談することをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

カレンダー

2016年1月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031